SSブログ

ブログ画像(など)の検討 [雑感]

進化の著しいITの世界において,SSブログは全く仕様の拡大はありませんので,ユーザーはそれなりに対応しないといけません。

当方は直接にサーバーを触る仕事はした事がありませんが,触る人の話だと,安定運用していれば,なるべくヘタには触らず,「そーっとしておく」のが良い様です。SSブログのシステムも一切仕様の拡大等は計らず,そーっと運用しているのでしょう。

サーバー機には信じられないような古い機械を使っていたりします。
機械装置の減価償却期間は5年だったと思いますが,サーバー機は10年以上でも平気で使っています。むろん個人使用のパソコンと違って,サーバー機は複数台のHDDをRAIDといった仮想ドライブ技術で運営していますので,個別に故障してもデータは保たれます。ただし,RAIDにも何段階かのレベルがあり,昔当方が導入して使ったワークステーションでは,HDD2台内蔵でRAIDを組んでいるとの事だったのですが,初期設定がRAID0,すなわち,まったくHDD2台をそのまま個別に使っているだけでしたので,かなり初期にデータが壊れて酷い目に遭いました。HDD2台であれば,RAID1の「ミラーリング」をしておけばまず大丈夫だったはずですが,てっきりそうなっている積もりで使っていたのがマチガイでした。サーバー機では,HDDを複数台セットで1台かのように振る舞わせて,データを守る,RAID2以上が使われるようです。ハードウェアのみならずOSも一般のパソコン用よりも信頼性の高いもの(UNIXなど)が使われるので,それも寿命の長い理由でしょう(Windows系の旧いものもかなり使われているようですが)。


さて,失礼ながら旧態依然のSSブログの仕様「写真は1枚1MB以下」に収めるには,現在のカメラではリサイズが必須です。高級デジカメで撮ったRAWデータはもちろんのこと(1枚数十MBとかあります),スマホで既にJPEG圧縮されたデータでも数MBあります。記事内で画面上に表示するだけであれば,表示サイズにもよりますが,400×300程度の画像でも十分でしょう。画面のドットにぴったり合った画素数が最も低いデータ量で画質も良いわけです。

ただそれは見られるモニターに依存してしまいますので,普通はやや多めドット数で貼りこんでおくのが普通ではないでしょうか。編集画面に示される「ファイル」から画像を貼り付けますと,現在当方の環境設定では自動的に540×405で貼り付け表示されます。

正直,これがいただけません。以下に,当方がスマホで撮影した画像を1280×980にリサイズして上げた画像を示します。

IMG_3665.JPG
「ファイル」から貼り付けたデフォルト画像。
IMG_3665.JPG
オリジナル画像に戻したもの。
表示の負荷を下げるためか,ユーザーがリサイズして「ファイル」に上げたデータ"xxx.jpeg"から,さらに画質を落とした,"m_xxx.jpg"なるデータに自動的に変換されて表示されます。So-netブログの時代初期からの仕様ですが,もやっとボケた画像になっています。

線画だとその効果?は更に顕著に見えます。
‎自動車電装.‎001.png
「ファイル」から貼り付けたデフォルト画像。
‎自動車電装.‎001.png
オリジナル画像に戻したもの。
おそらく,当時のモニター画面のドットでは,不要に細かく描画させるのはムダだったからなのでしょうが,現在の表示環境でははっきりと分かってしまいます。


動画や音声の容量は5MB以内です。
動画に関して果たしてこれが使い物になるかどうか,先日試してみましたが,720pに落として5秒程度でしたので,これは現在の環境では全く使い物にならないと判断しました。これに関しては,進化しつづける他のSNSの機能をお借りするのみです。

音声に関しては,以前から使っており,3分程度のmp3録音ならば,使えます。
ただし,現在mp3のサンプリングレートが,デフォルトで128kbpsですので,かつてよりも長時間録音が上げられない様な気がします。mp3のアプリを使って,画像のリサイズと同様,サンプリングレートを下げる[1](音のキザミを粗くする)必要があります。むろんハイレゾ録音など望むべくもありませんし,これに関しては当方は必要ないと考えてはいます。


世の中は,高画質・高音質化しているわけですが,SSブログの安定運用のお陰?で,仕様の拡大は全くありませんので,現在の環境で使うユーザーはそれなりの工夫が必要です。

引用記事:
[1]mp3圧縮でどこまで容量を下げられるか?
nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 27

コメント 2

Ujiki.oO --> 癌患者の抵抗?

Enrique さん、ありがとうございます。 またまた脱線しますが・・・・恐縮に存じいます。
 新宿の某所にコンピューター系のリース明けのゴミ(?)を集めて、積み上げて一般に販売している企業があって、時々問い合わせては、実物を見て「保証を確認してから」現金で買ったりしました。あのグルグル回転する、昔はコンピューターを紹介する画像に使われた、磁気テープが回る装置の列ですけど、今は使わない。そんな磁気テープ装置を購入し、会社で使用しました。 ギャンブルですけど、古くても、古い程に、年月を耐え抜いた機材は安定します。 それに比べ、取り外した基板等は、怖くて買えない。 秋葉原の露店で売られている基板は買えません。
 さて、画像サーバーとしてのフリッカーですが、無料会員のままにYahoo!が経営していた時から使っていますが、不適切な画像があるからと、凍結されましたっ! 凍結したと言うメールが5月23日(木) 18:29に送られてきたので、乳首や性器が映っているAIで作成した画像を別サーバーに転送し、フリッカーから削除し、削除した画像のURL群をレポートしながら、ロックの解除を依頼しましたら、5月24日(金) 10:41 にロックを解除してくれました。6日以上かかると説明されていましたが、素早い対応にビックリです。 フリッカーは上手いカラクリを持っています。 無料アカウントだと、アップロードする画像や動画にアダルト・フラッグを付けられない! 有料アカウントを契約すると、アダルト・フラッグを付けられるっ! アダルト・フラッグを付ければ、どんなレベルの画像や動画もアップできる。 Ujiki.oO は、日本語を正式にサポートしないフリッカーの有料版は触手が動きません。 PRO版の大量の方々の画像をデスクトップの壁紙としてランダムに表示して楽しんでおります。
 さて^2、MP3音源、MP4動画はGoogleドライブを利用してきましたが、Googleがシステムを変更し、公開してくれなくなりました! 何だか別システムの有料アカウントで公開できる様子。 なかなか、無料でMP3やMP4ファイルを公開してくれるサーバーが見当たりません。 当然と言えば当然で、データーを管理し、データーを配信するのにコスト負担が掛かるのだから、甘くない。
 ヨーロッパのGoogleデーターセンターの余りある発熱を地域の暖房システムにジョイントして、地域に貢献すると言う記事は素晴らしい! 日本の千葉のGoogleデーターセンターは、日本の既得権益の障害で実現不可能? 電力会社とガス会社が協力して、Googleデーターセンターが持つ余剰の発熱を地域に供給してくれたなら、どんどんGoogleのサーバー事業に支出したいです。 Googleがアフリカとオーストラリアを結ぶ海底ケーブルでインターネット網を南回りで開通する企業努力によって、ロシア、中華、などなどの共産主義国家の策略を阻止する企業努力は素晴らしい。 そんなGoogleサーバー事業を支出を以て応援したいです。 ところで、日本のサーバー事業は、損益分岐点を下回っていないのですよね? 株価は上がっているそうではないですか。 シーサー社がブログを手放さないのは、魔訶不思議です。 サーバー企業が得るアフィリエイトって、サーバー企業は儲かるんでしょうね・・・・ それなら何故プロバイダーソネットは手放すのかも魔訶不思議です。
by Ujiki.oO --> 癌患者の抵抗? (2024-05-25 15:48) 

Enrique

Ujiki.oOさん,
テープ装置に関してはその磁気ヘッドに少し関わりました。民生用の大量生産品とは全くの別格の信頼性で1日1個か2個手作りしていました。お値段も別格で,サイコロキャラメル1個程度のモノが50万円とか100万円とか。むろんテープ装置じたいもテープを真空で吸わせて安定走行させるとか,極めて信頼性の高いものでしたね。その後のHDD装置に関しても,当初の大掛かりなモノからどんどんオモチャ化しました。ただ現在のデータセンターというものはオモチャ化したHDDの大量使用と大電力使用で成り立っているのでしょう(むろん使われる技術は高度ですが)。
当方もFlickrやGoogle Driveを有り難く使っていましたが,サービスの終了でやむなく最低限の画像をSSブログの超低容量「ファイル」で使っています。
ネットの経済環境については全くわかりませんが,SSブログは利益は出ないにしても赤字垂れ流しということでも無いのでしょう。システムはとうに減価償却が済んでいるので,広告収入?が少なくても低コストな運用が可能なのかも知れません。
So-netさんは,ブログを続けていればユーザーを繋ぎ止めておけたはずなのに,手放してくれたので,そのフェアプレイ?のおかげで当方もプロバイダを変える事ができました。


by Enrique (2024-05-29 23:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。